ピルの生理不順を整える効果について

NO IMAGE

ピルの生理不順を整える効果について

ピルには、月経周期を整える効果があります。

特に生理不順に悩まされている女性には最適な医薬品です。

ピルを飲むようになると、月経周期が一定になるので、スケジュールを組みやすくなります。

大切なイベントの日に生理が重なってしまうことは望ましくありません。

特に、生理痛がひどい方などであればなおさらです。

月経不整や稀発月経のように、月経周期が大きく開いてしまう人は、心身ともにコントロールが大変です。

いつ生理が始まるのか自分でもわからず、常に生理用品を携帯しておかなければならないからです。

他にも、精神的にも不安定な状態が続いてしまう人にも、ピルはおすすめです。

ピルを飲むようになれば生理周期が安定するので、自分の生理予定日を把握できます。

仕事やプライベートに万全の体調で臨むことができるようになるでしょう。

ピルの効果で生理不順はおさまる?

ピルを服用し始めると、28日周期の安定した月経周期が期待できるようになります。

また、ピルにはホルモンバランスを整える働きがあります。

そのため、生理前になると感情の起伏が激しくなる人も、ピルを服用すれば落ち着きます。

ピルには、21錠タイプと、28日錠タイプの2種類があります。

ホルモン剤が入っている実薬がどちらも21日分で、後の7日分は有効成分が入っていない偽薬です。

つまり、実薬を服用している間は、生理にならず、休薬期間に入ると出血が起きるという仕組みとなっているのです。

したがって、今まで生理周期が安定していなかった人も、21日間で自然と整えられて行くようになります。

22日目になって薬の影響を受けなくなれば出血を起こし、また服用するようになれば出血が止まるということになります。

服用中は出血量も減退するので、生理期間も普段と変わらない体調で過ごせるようになる方が多いです。