ピルの子宮内膜症の効果について

NO IMAGE

ピルの子宮内膜症の効果について

ピルは、子宮内膜症の治療に用いられます。

子宮内膜症とは、子宮内膜以外の部分に子宮内膜ができてしまう病気です。

通常、子宮内膜の組織は、排卵が起きると厚くなり、血液と一緒に流れ落ちます。

しかし、子宮内膜以外に子宮内膜の組織ができた場合、排卵と共に、厚くなることはあります。しかし、血液と一緒に流れ落ちることはありません。

子宮内膜の組織は、体内に留まるため、炎症や痛みにつながるのです。

これが、子宮内膜症の主な症状です。

子宮内膜症の治療には、低用量ピルが効果的です。

低用量ピルを服用すると、血液中の黄体ホルモンの量が一定に保たれるようになります。

黄体ホルモンは、本来、排卵後に増えるものです。

そのため、血液中に黄体ホルモンの量が増えると脳が勘違いし、排卵が起こらなくなります。

排卵が起こらなければ、組織が厚くなることもありません。

症状を抑える効果が期待できるのです。

また、低用量ピルの場合、長期間の服用が可能です。

そのため長い時間をかけて、症状を抑えることができます。

ピルの効果で子宮内膜症はおさまる?

ピルによって、子宮内膜症は緩和します。

子宮内膜症は、治療せず放置したままにしていると、徐々に進行していく可能性が高いです。

子宮内膜の組織は、排卵が起きると厚くなります。

子宮内膜以外にできた子宮内膜の組織は、血液と一緒に排出されず、炎症などにつながります。

排卵が起きるたびに徐々に組織が厚くなり、炎症も起こります。

症状は排卵のたびに、徐々に悪化してしまうのです。

そこで、低用量ピルを服用すると、排卵が起こらなくなります。

子宮内膜の組織が厚くならなくなるのです。

そのため、ピルを服用することで、病状の進行が止まります。

もし、止まらなかったとしても、炎症を抑えることができるため、痛みが発生しにくいです。

ある程度、ピルによって症状を緩和できます。

なお、低用量ピルを服用しても、痛みが見られる場合は、鎮痛剤を併用することが可能です。

鎮痛剤を利用する場合は、低用量ピルで症状を抑えた状態で服用した方が、効果が高まります。

低用量ピルを服用することで、鎮痛剤の量を減らすことも可能です。