ピルには病気予防の効果も

NO IMAGE

ピルには病気予防の効果も

ピルは、女性特有の病気を防ぐ効果があります。

卵胞ホルモンの分泌量が過剰に増え、黄体ホルモンの量が少なくなると、子宮体がんが発生しやすくなります。

卵胞ホルモンによって子宮内膜の発達が促されると、発達の過程で細胞に異常が生じる恐れがあるからです。

ピルを服用すると、血液中の黄体ホルモンの量が一定に保たれます。

子宮内膜の発達も抑えられるため、子宮体がんの発生確率が下がるのです。

また、黄体ホルモンが一定に保たれると、排卵も起こらなくなります。

通常、黄体ホルモンは、排卵後に多く分泌されます。

しかし、排卵が起こると、そのたびに卵巣は傷つきます。

傷つき、修復することを繰り返すと、その過程で細胞に異常が生じる可能性があります。

その細胞異常が子宮がんに繋がる可能性があるのです。

しかし、排卵を抑えることで、卵巣が傷つくこともなくなり、卵巣がんを予防できます。

がんは、細胞の活動が活発になることで発生しやすくなります。

ピルを服用すると細胞の活動が一定に保たれるため、発生確率が減少するのです。

ピルの効果でウイルスが子宮に入るのを防ぐ

子宮の入口には、子宮頸管粘液が分泌されています。

子宮頸管粘液は、ウイルスや細菌が子宮内に侵入するのを防いでいます。

排卵が行われると、酸性からアルカリ性に変化、粘度も弱くなります。

粘液が変化することで、精子は子宮内に侵入しやすくなるのです。

この時、子宮内に入りやすくなるのは精子だけではありません。

この期間は、精子だけでなく、ウイルスなども進入しやすい状態になっているのです。

もし、ウイルスや細菌が卵巣内に進入すると、卵管炎や骨盤内炎症を引き起こす恐れがあります。

ピルを服用すると、排卵が行われなくなります。

排卵が起こらないと、子宮頸管粘液は、酸性のまま保たれます。

粘度も低下しないため、ウイルスも入りにくくなり、骨盤内感染症を防ぐことができます。

ただし、ピルを服用していても、性感染症を完全に防ぐことはできません。

あくまでもウイルスによる炎症の可能性が低下するだけです。

性感染症対策にはならないので、別途コンドームなどを使用しましょう。